北海道地震支援

北海道地震復興支援プロジェクト「Stand up right now for 北海道」について。

投稿日:2018-09-14 更新日:

昨日で北海道地震から1週間でした。

東京にいた自分ですら、いろんな想いが行ったり来たり。

きっと北海道にいる人たちは、もっといろいろなキモチになっていたんじゃないかなと思う。

前回の記事では、遠くからでもできる支援の方法をまとめてみましたが(*’ω’*)

今回は、わたしがNPO法人6時の公共と一緒にやる、期間限定プロジェクトについて!

ぜひ読んでください!

北海道地震復興支援プロジェクト「Stand up right now for 北海道」について

北海道札幌市出身のMIMOGYと、千葉県にあるNPO法人6時の公共が協力して、震源地域の復興に向けて支援金を集めるプロジェクト!

それが「Stand up right now for 北海道」です!

画像を6時の公共さんがつくってくれました!

支援プロジェクトをやることになった理由

地震があった翌日。

6時の公共スタッフをやっている北大OB某氏からメッセージ。

「MIMOさん!北海道地震の支援って何か考えてますか!?」

「僕ら6時の公共でもやろうとしてるんですけど、一緒に何かできませんか??」

まだ気持ちが全然落ち着いてなかったわたしでも、考えていたことはあって。

ただ、一人でひっそり完結させるレベルで終わらせるか、ちょっと考え中だった。

そんなときの連絡。

ぶっちゃけ勇気が出たよ。

これは、「いやいや、ちゃんとやれってことか!」ってお告げ的な。

お告げはたまにあるのです。
自分にしか気づけないお告げ。
だから従うことにしたのです。

わたしは北海道札幌市出身なのですが、北海道大学公共政策大学院を出ていて、今回一緒にやる6時の公共で運営スタッフとして活動している勝田さんも同じ大学院出身。

わたしたちはつまり北大OB・OGになるわけです!

こういうところで昼寝をするわけですが。

わたしは本当にダメ学生で、修論も適当に提出して先生に呼び出しをくらうような問題児だったのでねーww
ただ、先生に言われたこの一言が、何かやろうとするたびによみがえります。

「XXちゃんは机の上で考えるタイプじゃないからねー」

先生、なぜわかったの!?

たいして喋ってもいないのに!

ということで、1に行動、2に行動、3に行動ほら行動!

的な感じで、自分の故郷でもあり、学生時代を謳歌した土地でもある北海道のために何かしたい!

「大志を抱いて」って言ってるじゃないか!ほら!

という気持ちで、今回「遠くからでもできる支援」として、一番必要になるだろうお金の支援プロジェクトをやることになりました。

「Stand up right now for 北海道」の内容

具体的な内容は以下です!

NPO法人6時の公共が主催する勉強会等参加者向けに支援金の協力を募る
クラウドファンディングpolcaを通して、想いに共感する支援者から支援金の協力を募る
10/13(土)に行われるMIMOGY活動4周年ワンマンライブ時の収益の一部を支援金に充てる
・集まった資金は、MIMOGYが代表して支援先に寄付(安平町は現地役場に向かう予定)。
<支援先>
災害救援ネットワーク北海道(ボランティア団体)
http://mouth-mountain.greenwebs.net/donate_page
安平町役場
https://www.town.abira.lg.jp/

<期間>
9/14(金)~10/14(日)までの1か月間です!
⇒無事終了しました!下記の通り支援金が集まりました!
6時の公共:30,200円
polca:20,000円
ワンマンライブでの復興ソングCD「Stand up right now」売上半分(17枚×600円)÷2=5,100円
ワンマンライブ会場での募金と直接託された募金:8,900円
合計:64,200円

半分を災害救援ネットワーク北海道、半分を安平町役場総務課にお届けします!

支援先の災害救援ネットワーク北海道は、代表やんじーさんのブログを見るとわかりますが、現地での炊き出しなどを毎日されている団体です。

わたしの音楽活動を札幌で支援してくださっている方を通じて、この団体を紹介していただきました。
いろんな支援団体はたくさんありますが、信頼できる知り合いを通しての情報であること、毎日自分たちの活動内容をブログで発信していることなどを踏まえて、こちらを支援先に選びました。

安平町については、震源地域であることに加え、わたしの音楽活動を熱心に応援してくださっている町であるという、個人的な理由も含まれています。

一応すでに現地の方に確認は取っているのですが、もし役場が万が一支援金を受け付けない場合は、全額災害救援ネットワーク北海道に寄付します。

これらの内容は、一緒に取り組むNPO6時の公共とも合意できています◎

中間報告と結果報告も、MIMOGYブログで行います。
6時の公共HPにもリンクを貼ります。

ちなみに、NPO6時の公共は何をしている団体かというと、自治体の職員さんたちが中心に運営している組織です。

自治体職員も市民も議員も一緒になって「自分たちのまちは自分たちでつくる」社会の実現を目指しているそうです。

これからの時代に必要な組織ですね!!

何かを諦めそうになったとき、少しの支援が大きな力になる

今回、1か月間polcaというクラウドファンディングアプリを使います。

polca(スマホでアプリをダウンロードしてください)
https://polca.jp/

昨日の夜中に、支援用サイトをオープンしました!
すでにご支援ありがとうございます!!!!!泣ける!!!!

★支援サイトはこちら★
https://polca.jp/projects/kW80mbWC6Tf

このpolcaは、わたしが1年半ぶりのMV制作のためのご支援を募ったときに初めて使いましたが、今回2回目!

また使うときが来るとは!

このpolcaは、支援URLを知っている方しか支援できない形になっています。
つながりのある人たちで応援し合う、そんなクラウドファンディングサービスです◎
わたしは前回利用した時、そのつながりにすごく救われました。

お金そのもの以上に、応援してくれている人がいるんだという実感があって、すごく勇気が出ました。

そしてこのMVを作ることができました!

何かを諦めそうになったとき、少しの応援は本当に大きな力になります。

わたしは今現地には行けないけど、力になれることがあったらやりたいです!
勝田氏をはじめとする6時の公共の方々も同じ気持ちです!

MIMOGYとつながりのある方

北海道にご縁のある方

北大生だった方

純粋に北海道が好きな方

まちづくりに興味がある方

ちょっと応援してみようかなという方

どなたでもぜひご支援をよろしくお願いします!

ご支援方法は、6時の公共の勉強会、上記で紹介したpolcaを通した支援、10/13(土)MIMOワンマンライブ参戦、の3つになります!

どうぞよろしくお願いします!

MIMO

-北海道地震支援


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事