働くオトナのリアルを曲にして、現代社会で一生懸命生きるオトナに向けて歌って届けています。

この前まで丸の内中心街でリサーチャーとしても働いていましたが、ついに念願のUターン移住を実現しました。

理由はこのブログに書いています。

良い曲作り、良い音楽活動、今後の自分の思い描く姿の実現のための決断でしたが、会社で働くメリットもたくさん知っているので、もし自分の条件に合う環境があれば会社でも働こうかなと思い、転職活動なるものをしてみました。

そして、先ほど転職エージェントの方から連絡があって、

「無事内定出ましたよ!」とのこと!

このブログを読んでくれている方の中には、今と働き方を変えられたらいいのに…と思っている方もいるかもしれません。

なので、わたしが地方都市である札幌に東京からUターンして、無事内定もらうためにやったことを備忘を兼ねて書いておこうと思います!

札幌で働く場合の労働条件を整理した

条件を洗い出すのはとっても大切です。

どんなことでも、交渉する必要が絶対出てきますからね…。

札幌は東京に比べると企業数や求人数は少ないです。

そして、自分の譲れない条件が多くて厳しいほど、受けられる企業が減ります。

わたしは「合う企業がなかったらフリーランスでもいいや」と思っていたので、そこまで緩めず以下の条件にしました。

  • 複業OK
  • フレックスタイム制
  • 前職が活かせる(コンサルティング、リサーチ)
  • まあまあ興味があること
  • 年収ダウンは100万円まで
  • 駅に近いこと
  • 土日祝は休み

ほぼ働き方がメインですが、これでかなり候補企業は減ります。

東京で働いてから地方都市に移住して会社に勤め続ける場合は、何をどこまでだったら妥協できるかを考えることから始めましょう◎

転職エージェントに相談した

企業の採用HPからエントリーするより、転職エージェントを間に挟んで、良い企業を選んでもらった方が楽で効率が良いです。

そして出しておいた条件をできるだけかなえてもらうようにお願いしましょー!

営業力に自信があれば企業の採用HPからエントリーしても良いのかもだけど、わたしはそういうのあんまり得意じゃないので…エージェントに依頼しましたw

リクルートやマイナビなどの大手より、地方の場合は地域密着エージェントがおすすめです。

Google先生の窓に「地方(特定地域名でも)転職 エージェント」と入れてみて検索しましょう!

転職エージェントを利用するデメリットは、エージェントが持っていない求人は選択肢に入ってこないことです。

なので、1社エージェントに相談して「なんか良いのないな」ってなったら、他のエージェントに問い合わせしてみるのはアリですね。

わたしは1社しか使ってないです。

そして、エージェントにもらった、挙げた条件に合う企業は1つだけでした。

なので、そこを受けて内定を頂きました。

複業OKの企業では、事前に他の仕事の内容を説明すると安心

そもそも企業側が労働者縛ってる時点で本来は変だけども、今まではそれが標準だったから、時代の変化に対応していない会社はすごい多い。

複業OKの企業は、本当にレアです。

特に地方では。

これから人口激減するけど大丈夫なのかなと思いますよね…知らないけど…

複業OK企業の場合は、「複」に当たる他の仕事の内容や、それをする理由を事前に話しておいて、あとで怪しまれたりしないようにしておいた方が何かとスムーズです。

「本来何してたって別に言わなくていいじゃん!」という意見もわかるのだけど、そうは言ってもある程度は人間関係で成り立つから、入社前に自分を知ってもらうという意味でもその方が良いのかなと。

わたしの場合は、正直にフリーのミュージシャンであること、なんのためにやっているかということ、今後どうしたいかということを全部説明しました。

理解してくれるか、あるいはできるかは別にして、あとでいろいろ言われるのはもう面倒で嫌なので、「応援してくださいねー!」とまで言っておきました!

自分の提供できる価値をちゃんとアピールした

欲しい能力と提供できる価値がマッチしないと採用にはならないので、その企業が欲しいだろうスキルを提供できますよーと面接でアピールしました。

受ける会社によって欲しい人材は違うから、自分の経験やスキルを一回整理して、何が強くって何が課題なのかを明確にすると良いですよね。

わたしの場合は行政と仕事をしたり、民間と仕事をしたり、プロジェクトごとでいろんなことしてきたので、そのへんを整理して話してきました。

楽曲制作も音楽活動も本質は同じなんですよ!とか言いながら。

自分の強みを知ることはだいじだよ。

自分のできないこともちゃんと主張した

面接に「受かりたい」と思うと、その瞬間立場が弱くなります。

なので、本来はそう思わない方が良いのですが、思ったとしても「こんなはずじゃなかった!」とならないように事前に必要なことがあります。

それは、できないことを主張することです。

スキル的なものでも、働き方でも、お金の面でも。

人それぞれ事情というのがあるから、面接で直接社長などに言いにくければエージェントを通して伝えるとか、工夫をしてでも主張した方が自分のために良いです。

ご縁がなければそれは合わなかったということだし、割り切りながら良い環境を手に入れましょう!

地方移住で仕事がない、は嘘だ


自分が興味があって、条件の良い環境で、やりたいこともできて、などで選んでいくと、今その地域にある企業での転職先はほんとに少ない。


エージェントに言わせると、札幌の場合は企業数は東京の100分の1で、お給料は6割を覚悟した方が良いとのことだった。

わたしの場合はエントリーできる企業は一社しかなかったし。

一社あってよかったとも言える。

そういう意味では、地方は仕事が少ないと思う。

ただ、仕事の種は本当にたくさん転がっている。

仕事の種を開花させられる人や組織が少ないだけだとわたしは思う。

だから、フリーランスでも多少時間かかるけどできそうだと思えたし。

せっかく複業OKの企業に内定もらったので、また企業の中で学び取れることは身につけつつ、音楽活動により力を入れつつ、わたしのやりたいことの一つである音楽×〇〇の〇〇に入るものが見つかったら、それもどんどんやりたいと思う。

働くってつらいこともあるし、苦しいこともあるけど、自分の工夫次第で人生は明るく楽しくなることもあるんだって、自分の活動を通しても証明したいなぁ。

そう思っております!

というわけで、わたしの行く先を心配して、いろいろ経営者や企業を紹介してくれようと準備をしてくださっていた皆様、いったん大丈夫です!

優しいお心遣いをありがとうございました(*’ω’*)

しばらくは引き続き働くオトナのバカンスを楽しみます~♪

働くオトナのストレス発散ソング「ハロー!シュレッダー!」です
丸の内で撮影!一歩踏み出す勇気を持って…♪