札幌Uターン移住して約1か月が経ちました。

2018年の12月31日から住み始めました。冬の移住ですねー。

だいぶ札幌での生活にも慣れたので、今日はUターン移住して感じたメリットとデメリットをまとめます。

札幌出身者の方や、出身ではないけど移住したいなぁとぼんやり考えている方の参考になればと思います^^

わたしが移住を決めた経緯はこちらのブログで。

札幌移住のメリットはQOL(クオリティオブライフ)の向上

札幌で生まれ育って、東京で生活して戻ってきた率直な感想はQOLの向上です。

QOLというのは、生活の質のことを指しますよね。

衣食住という3つの柱が全部良くなりましたよ!

何が良いのかを書きますね。

メリット1.部屋が広くて家賃が安い

札幌に限らないけど。

わたしはミュージシャンで家で制作も配信ライブも撮影もするので、機材を置く場所がないと困るのですが、今は自分の家は2LDK!

家賃は破格!

東京では1Kプラス簡易スタジオ部屋付で家賃は9万3千円だったのが、約3分の1に。

すごい!

デスクトップのPCを楽々置けるようになった。

ミュージシャンに限らず、仕事でモノの置き場所が必要な人には地方都市への移住はおすすめですね!

不動産会社のCHINTAIで2LDKの家賃相場を確認すると、中心部でも7万円台みたい。

札幌市の2LDKの家賃相場情報

家賃は固定費なので、固定費を下げるっていうのはコスト下げるのに良いですよねー。だいじっ!

固定費を下げると、浮いた分で別のことができますよ!

メリット2.空気がきれい

鼻から呼吸しても良い空気が入ってくる!!

口から吸ってももちろん入ってきますけどね、気分的にきれいな空気って鼻から吸いたくなるじゃないですか。

身体に取り込む空気がきれいだと、心も体も浄化されていくようだ…!

ただし湿度が少ないので、冬は特に乾燥する。顔も体も保湿クリーム必須。

メリット3.食材がおいしい

空気がきれいな環境で育った道産食材はおいしいですよ。

あんまり外食しないけど、自炊でも素材が良いのでおいしい。

東京で忙しく暮らしていたときは、添加物だらけのごはんをつい面倒で口にしてしまいがちだったけど、今は無添加のごはん中心に戻しているので体調も改善。

食事は体を作るので、これだいじ。

メリット4.移動の手間が省ける

生活必需品も娯楽に必要なものも、さっぽろ駅~すすきの駅くらいの計3つの駅を行き来すれば手に入るという超らくちんの環境!

そして3つの駅は地下がつながっているので歩ける。

いちいち秋葉原や新宿や渋谷を移動する必要はないっていうのが良い。

そして電車はたいてい空いている。

乗車率200%のような満員電車にはなりません。ご安心を。

東京にいたときは、移動時間の節約&あまりに面倒すぎて徒歩圏内で全部完結できるような場所で、かつそこまで混んでない場所を探して住んでいたんですけど、札幌の場合はそこはあんまり深く考えなくても問題なしです。

あと東京の渋谷の休日みたいに歩道も混んでるっていうのがあまり起きないので、人混みが原因の遅れを考えなくて良いですね。

雨の日とか、傘さして混んでる道を楽器背負って歩くツラさ半端ないもんねー…

メリット5.家族のそばにいられる

これは自分の個別事情でもあるのですが、やっぱり家族が大事なのでそばにいられる方が何かと良いなって思います。

家族と疎遠になって、気づいたらもう二度と会えない状態になってた…とか、そういうのは後悔すると思うから嫌なんですよね。

いろいろ書いていくと、Uターン移住はお金の面以外でのさまざまなメリットがあるなぁと思います^^

札幌移住の気になるデメリットは?

札幌に移住すると、年収が下がるのでは?

って思う人は多そうです。

年収だけでなく、人によっては、その他のことも含めるとデメリットの方が大きいかもしれないです。

何事もメリットだけでは終わらない…!

1か月経って感じるデメリットも書いてみます。

デメリット1.年収が下がることが多い

これは良く言われることですが、一般的には下がる傾向のようです。

わたしはミュージシャン業を含むフリーでの仕事をしてもOKの企業に内定をもらったので春からは会社員にもなるのですが、年収は100万円くらい下がりました。

自分の場合はフリーでやっていく仕事に理解がある環境があれば働こうという気持ちだったので、特に問題だと思っていないのですが、多くの人は年収が下がると困りますよね…。

その点は、生活コストが下がる分と比較してどっちが得かを考えたら良さそうです。

デメリット2.生活コストはそこまで変わらない

え、まじかよ…と思った方、すみません。

というのは、家賃以外は、特別な事情がなければそこまで変わらない印象です。

あとは食費も下げやすいかなぁ。外食のボリュームは多いように感じます。

交通費はJRの場合1駅で170円、地下鉄も1駅200円からで、移動する駅の数が増えると料金が高くなります。

中心部に行く以外は交通の便が不便になるので、バスを駆使するか車に乗る人が多くなりますが、自家用車の場合は維持費やガソリン代がかかりますね…。

あと、冬の光熱費は高くなるので注意です。防寒を兼ねた衣服も必要に。

靴は雪が積もるとパンプスは厳しくて、ブーツも防寒できるものの方が無難。

ここを節約すると寒すぎて死んじゃう!

目に見える費用として「下がったなぁ」と感じるのは、やっぱり固定費である家賃かなと思います。

他の食費や光熱費、移動に伴う費用といったものは、人によって工夫できる内容なので、人によっては上手にやりくりできるのかもしれないですね。

腕の見せどころ?

デメリット3.冬は道外との行き来でリスクあり

東京でも活動しているので東京との行き来について。

冬は雪の影響で飛行機が欠航になったり大幅な遅延になったりすることがあります。

空港で待機することになったり、飛行機が飛ばなくて帰れなくなったりという危険がありますね…

冬は移動するときに一日余裕を持つとか、そういう工夫は必要かと…!

冬の札幌移住はおすすめしない

わたしは大晦日に帰省してそのまま移住したので季節は真冬です。

「なんでこんな時期に来たの!?」といろんな人に言われました(;´・ω・)

朝の中島公園

1~2週間は寒すぎて本当に武者修行なのか何なのか…春にすればよかった…

って気持ちだったのですが、だんだんと慣れてきました!


地球に悪いけど石油ストーブをガンガンつけて乗り切っています。

生まれ育った土地だから、体が戻ってきたのもあるかも。

そして今年は暖冬らしい。

ただ、引っ越し作業など考えると、やっぱり冬はおすすめしません…!

部屋が暖まるまでまともに作業できないし(部屋の気温2度とかになる)、初めて雪国に住むような人だと水道管凍ったりするだろうし、寒い時期ってなんとなく心寂しくなりそう。

まだ寒いけど雪はあまりない春とか、爽やかな夏とか、食い倒れの秋とか、そんな時期の方がおすすめです!

あえて雪を楽しみたいとか、目的があれば冬でも良さそうですけどね。

わたしは冬はつらい…早く夏になってほしい…

以上札幌Uターン移住したMIMOGYの札幌移住1か月感想レポートでした◎

また気づいたことがあったら追記しますねー★

MIMO