東京滞在中は、ライブだけでなく春以降の素材に使う写真撮影もしてきました。

今日は、わたしの写真撮影をしてくれているフリーランスのカメラマン、ふかつみちよさんから写真が届きました◎

ふかつさんのブログはこちらから。記事はわたしの写真のを載せておきます。

若干お母さん的なサポートもしてくれている方です。

たくさんの愛をありがとう。

今日は、良いアーティスト写真を撮るのに必要なことと、撮れた写真の紹介です。

良い写真には、カメラマンとのコミュニケーションが大切。

写真って、撮られる側にも意思が必要で、撮る側にもその想いを受け取る能力が必要だなぁと思います。

ただ撮るなら極論は証明写真でも良い。

でも、去年のアーティスト写真も今回のジャケット写真も、意思があってお願いする。

わたしはセルフで活動しているので余計にそういう想いが強い方が良いと思っているのだけど、一方で思い込みもある。

今回のふかっちゃんは、「MIMOちゃんの今までのアーティスト写真で見たことない表情を撮ってみたいわ」と言ってくれて。

じゃあこんな感じ?あんな感じ?

事前の打ち合わせで、「ひゃー!そんな顔はできる気がしない!」とちょっと照れたり。

話を事前にしながら、撮りながらも試して修正して、いろいろやってみました。

「良い写真」の定義は時と場合で違うけど、今回はセルフプロデュースで活動する自分がイメージする今年のミニアルバム向けベストショットが無事撮れれば「良い写真」かなと思いました。

撮って頂きましたよー!

今年のミニアルバムのコンセプトはいろんな愛に想いを馳せること。

もうミニアルバムのタイトルは決まりましたが、写真撮影の日はまだ決まっていなかったのでした。

でも、テーマは愛だよねぇ、やっぱ愛だよねぇ!と、それだけは何度も連呼していたわたしに、

「はい、そこに座って!」

「もうちょっとレフ板こっちかな…」

などなど母的要素とカメラマンを併せ持ってカメラのシャッターを切るふかっちゃん。

今回のベストショットはこちらです。

ちょっとやわらかい表情というか、温かい表情。

そういうのを今までできたことなくて。

初の成功?

撮られるわたしも少しずつ成長するという感じ。

これはふかっちゃんの愛による成功かもしれませんね。

よーく見ると、イヤリングがブルーのハートになっているんですよ!

トップスはわたしの好きな洋服ブランド「United Tokyo」で調達。

BGMは愛を歌う野宮真貴さんアルバム「渋谷系ソングブック」から「大好きなシャツ」をエンドレスリピートして気分を上げてみました。

ダイジェストはこちらのYouTubeで。

ちなみに今回の撮影は、「ハタラクオトナノドキュメンタリー」シリーズにはぴったりの、とあるオフィスの会議室で行いました。

撮影中の気分も働くオトナということで過ごした時間でした。

満足できる1枚を撮ってもらえるカメラマンは不可欠な存在

クリエイティブなことをしていると、いろんな仲間が必要になってきます。

アーティスト写真でもジャケット写真でも、ライブ中の写真でも、満足できる写真を撮ってくれるカメラマンさんは不可欠。

伝えたいイメージや、そのときの空気感を伝えてくれる媒体の一つだから、想いを大切に汲み取ってくれる人にこれからも撮って頂きたいなぁと、そんな風に思います^^

自分ももっといろんな表情ができるようになりたいなぁ。

本当にモデルさんはすごいなぁ。

2019年、新作シリーズミニアルバムのリリース決定!

2/11(月祝)に企画ミニワンマンライブ「MIMO家においでよ」に来てくださった方には先にお伝えしましたが。

去年2018年に引き続き、今年も「ハタラクオトナノドキュメンタリー」シリーズミニアルバム、第2弾のリリースが決定!

タイトルがやっと決まりました。

改めてお知らせできたらなと思います。

先に今週配信メルマガではいろいろ書こうと思いますが。

5周年にふさわしい、良いミニアルバムになることまちがいなし。

ポップな中にソウル色が強めな楽曲もあり、ルンルン気分で乗れちゃう楽曲もあり、未音源化の過去楽曲あり。

早くレコーディングできるように準備しないとです!

今までのアルバムはオンラインショップでも手に入るので、ぜひのぞいてみてください^^

※2/22(金)までのご注文受付で一旦発送を休止します(~3月末)。4月以降からまた発送再開とさせていただきますので、お求めの際はご注意ください※

MIMO