タイトル通りでございます、今回はライブレポート!

安平町ひまわり音楽祭、2年ぶりに出演させて頂いたので、そのお話。

今回は「笑顔で復興」がサブタイトルでした。

安平町ひまわり音楽祭は、今年で回数としては4回目。

わたしは第1回、2回と出演させて頂いて、今年2年ぶりの出演でした!

去年2018年9月6日に震災が起きて、そのあとの地域復興イベントということで、町の方々のエネルギーがすごかった!

笑顔って、言えば単純で簡単だけど、その笑顔を忘れてしまうことってあると思うんです。

つらいことが重なったり、心が疲れ果てたり。

いろんな理由で、笑顔を見せることができないときってある。

でも、そんなときに誰かの笑顔につられて笑顔になることもある。

その笑顔が音楽を通して生まれる瞬間があったら、それってシンプルだけどとってもいいよね。

そう思いながら、無理して笑わなくてもいいよ、でもあふれるくらい笑うのもいいんじゃないって、歌ってきました!

<演奏楽曲>※クリックすると楽曲YouTube動画に飛びます※

YOU

One Way

ハロー!シュレッダー!

心のバリア

二人の日々

さよならハイヒール

YOUを聴いて泣いたとか、シュレッダーが好きだとか、本当に勇気をもらうとか、そんな感想を頂いて、わたしも元気をもらいました。

ここでYOUの歌詞を一部ご紹介。

Lookin’ out 輝く瞳で 消えない灯で

この闇をかき分け ただ進もうよ

From the sky 見えないとこから

聞こえるその声を信じよう

叶えるのは YOU 君だから

苦い過去を思い出すのは 

まだ見つからないものを探してるから

痛い恋に想い馳せるのは 

まだやりきれない気持ちを抱えてるから

軽く考えれば You’ve  gotta get chance then you’ve gotta fine but

眠れない夜に吐息を立ててる

Hear your heart 胸に手を当てて 耳を澄まして

解き放て 心の声を響かせよう

To the sky 呟けばそこから 聞こえるその声を

信じよう 飛び立つのは YOU 君だから

(MIMOGY YOUより)

自分の曲で届くメッセージが伝わっていたら良いなと思う。

最後の集合写真で、わたしだけTシャツ脱ぎ忘れて奇抜な服に見えますが、楽しかったから良いですよね…!

高橋涼子さんと再会したよ!

安平町の雪だるま観光大使、高橋涼子さんのすごいところは、人に対する丁寧さも、心のこもった演奏ももちろんなのですが、テレパシーか!?のごとくわたしの状態を察して連絡をくれるところです…!!

身長差が30cmくらいありますが、中身は似ています…!

わたしのことを「みもてぃー!」と呼ぶ涼子さんが好きです。

本当の友達は、無条件の優しさを分け合える人だ。

今回のひまわり音楽祭では、ラストに涼子さんの曲「あびら」をみんなで歌いました。

すごく良いラストになりました^^

動画がないのが残念!

やはり音楽の力はすごい。

音楽を通して、いろんな人と安平町がつながったら良いなと思う。

わたしは涼子さんに誘われたのがきっかけで安平町という町を知って、札幌から道内の他の地域にほとんど出たことがないまま上京した自分の世界がすごく広がりました★

その地域ごとで課題などなどあったとしても、絶対その地域ならではの魅力はあって。

でも、訪れたことがなければ魅力を知ることはないし、行くきっかけがなければ一生行かない場所がたくさんある。

 

音楽で紡いだ安平町とのご縁、これからも繋いでいけたらいいなと思います^^

せっかく札幌Uターン移住したので、少しずつ地元地域にも意味のある活動していきたいですね…!

 

ですね…!

 

というわけで!

MIMO主催の企画フリーライブをあびら道の駅D51ステーションにて初開催が決まりました◎

ちょっぴり知識も得られる音楽×防災のイベントを企画。

ひまわり音楽祭の前日にラジオでPRをさせてくださった、パーソナリティで防災士の角田広佑さんと一緒にトークセッションもやっちゃいますー!

左からシンガーソングライター瑠愛さん、角田 角田広佑さん(防災士)、MIMO

フリーで音楽ライブを楽しみつつ、来るかもしれない災害への備えを考える。

そんなエンタメ×ソーシャルな一日をお届け予定。

詳細は次のブログで!