【初心者向け】KOMPLETE13を外付けSSDにインストールするまでの流れ

DAWをいじるのが得意なわけではないのですが、半年ぐらい楽曲制作のスキルを上げるためにレッスンを受けゼミに参加したり、いろいろなチャート上位の曲を聴いていたのですが、最近Native Instruments社のKOMPLETE13 SELECTを買ってみたので、またインストールするところまでをレポートしたいと思います!

ちなみにDAWをインストールする流れをひたすら解説する記事もあるので良かったら。

【超初心者向け】WindowsPCにCubaseをインストールするまでの流れ

【超初心者向け】WindowsPCにCubaseをインストールするまでの流れ

 

なんか、DTMのブログってすでにわかってる人向けのが多くて、ググってもわかりにくかったりしませんか…

音源を買う人は制作に慣れている人が多いので、そういう方のブログだと最初のところでつまづいても、そもそもの前提が書かれていないので解決がしづらいです涙(※わたしの場合)

今回は、初めて音源ソフトを外付けSSDに保存してミスった&リカバリしたところまでを書いてみます。

 

ああこんなドジな人もいるんだなと思って頂ければw

KOMPLETE13とは?

KOMPLETE13は、DAWで使うためのプラグイン音源の一種です。

Native Instrumentsという会社が出しているソフト音源なのですが、複数の音源がパックになって売っているセットで、単体の音源をひとつひとつ買うよりもお得にそろえることができます。

いろいろなプロミュージシャンも愛用するKOMPLETEシリーズは、レビュー動画も満載です。

 

わたしはこのサムネイル画像の一番左のSELECTをまず購入しました。これ↓です。

 

 

購入した理由ですが、

  • 使ったことが無いのでいきなり上位版を買うより試したかった
  • 下位版は、いざ欲しくなったら上位版にアップグレードできる(例:SELECT⇒無印版⇒ULTIMATE版…)
  • 2021/6/30までならサマーセールでアップグレードが半額(※終了済)

という3つの理由になります。

 

無印版はこの紫の箱のです。

 

いろいろと事前に調べていたら、バウチャーを発見したので、結局SELECTは半額で購入できました。

いきなり公式サイトで無印版を買うよりも、アップグレードの方が実はお得という…

 

自分の作りたい音など考えていくと、今後もDAWをどんどんいじれるようになった方が良いなということと、作りたい音をゼロから作るのはすごく時間がかかるので、用意してみよう!という気持ちで買ってみました。

 

例えるなら、カレーのカレー粉から作るのではなくて、ルーを買うみたいなものでしょうか。

野菜を畑で収穫するのではなくて、スーパーで買ってくるみたいな?

なんかそんな感じです。

 

ちょっと使ってみて物足りなければアップグレードするかもですが、とりあえず今日の時点ではSELECTユーザーとなりました!

 

今回は初めて外付けSSDへの保存を試みた

すでにDAWをいじる方はわかると思いますが、音源をインストールするたびにPCの容量を圧迫し続けるので、このタイミングで外付けSSDなるものを買ってみました!

こんな感じのものです⇓

簡単にいうと外付けUSBメモリの大容量版みたいなものです。
外付けのって使ったことなくて、いつもCドライブにばっかり保存していて、単純に保存先が全部この外付けSSDになれば問題ないんだろうなって思って、ちょっとミスをおかしました…!

インストール方法と間違えたポイント

インストール自体はすごく簡単ですが、Native Accessというアプリを利用します。

製品を購入したら、メールでNative Accessをインストールするように案内が来るので、来たらインストールすれば良いだけです。管理ツールですね。

 

画面はこんな感じです。

この画面はインストール後の画面ですが、インストールされる前は左上の「Not Installed」にこれらのソフトが一覧で表示されます。

 

で、インストールするときは、下記の5つについて保存先を指定しないといけないのですが、

このうち、「VST64」と「VST32」は同じフォルダに入れてはいけないらしく、分けないといけないと表示が出たので、よくわからなかったわたしは

 

 

VST32以外、全部外付けSSDに保存しちゃいました…

 

結果。

 

 

Cubaseで全く認識されませんでした!

 

上記の画像はフォルダを指定しているのですが、修正前は全部外付け直下に保存して、わけがわからなくなりましたw

 

え、これは使い方はどうなるんだ…って思って焦って調べて…

 

VST64はちゃんとPC本体のディスクに入れないといけなかったっぽい?

よくわかんなくて、Cドライブのフォルダ「C⇒Prigram files⇒Native Instruments⇒VST Plugin 64bit」を見たら、何も入ってなくて(あたり前だけど)。

 

ちなみにこのアプリケーションはWindowsだけらしいですね…

 

あとで落ち着いて見たらね、YouTubeにインストール方法載ってましたw

見れば良かった!

そしてこのNative Instruments社の記事も参考になりました。

どうやってNative Accessで製品のインストール先を変更できますか?

 

上のリンク先記事に書いてますが、

Content location
ここはコンテンツ製品の場所となります。これには、KONTAKTインストゥルメンツ、REAKTOR製品、MASCHINE Expansionsなどが含まれます。格納先として外部ドライブ上など十分な空き容量がある場所に「NI Content」といったようなフォルダを設定していただくことをお勧めします。

 

このリンク先を知らなかったので、最初にインストールしたときは、もう後の祭り感が…。

 

本当に焦った…1日の体力を使い果たした。そして涙が出そうだった。

なんか、Cubaseのインストールガイドみたいな動画も一緒に案内してほしかった…な…!

 

やってみたリカバリ方法

このあと、本当は良くないのかもしれないけど、下記の方法で修正しました。

 

  • VST Plugin 64bitのフォルダに無理やりdll拡張アプリを全部SSDからコピーして入れる(管理者権限を問われても無視)
  • SSDのファイルを全部一回消す
  • 全ソフトウェア再ダウンロードして、VSTの場所以外は外付けSSDに「Native Instruments」というフォルダを作って保存。

をしました。

気づいてやり直すまで3時間くらいかかりました…

インストールけっこう時間かかるし。光回線でも。

 

ちなみに、DAW(わたしはCubase)でも読み込み先(VSTプラグインマネージャーで対応)の修正が必要なのですが、修正後は無事出てきました!

 

いや本当に疲れた。

 

外付けSSDなんて使うからだと思ったけど、落ち着くと大して難しい話でもないので、まぁ単純に調べてからインストールしなかったのがドジだったって落ちですね!

 

あまりソフトウェアが得意でない方は、インストール方法からちゃんと調べましょう!

 

なんか使ってるうちにエラーが出たら嫌だな…。今のところ問題は出てないのでわかんないけど。

エラーが出たらアップグレードでバンドル版を買うかなと開き直ることにしました。

無印版はインストール版だとデータ量の関係でもっと時間がかかるようです。

挿せばすぐ使えるならバンドル版がいいなー。

ソフトと格闘してても曲は作れないので、こういうのはスムーズにいきたいですね…!

 

トラブルはあったが買って良かった

いろんな音源を大量に個別に買うよりは、お弁当パック的なセットを買った方がラクだしいろいろ試せるので、こういうソフトの扱いに慣れるという意味でも買って良かったですよ!

購入はオンラインでサクッと。

以上お読み頂きありがとうございました!
こちらもよければ⇓

会社員をしながら音楽活動するために実際にやった3ステップ。

 

 

音が気になるすべての人へ!ピアリビング静床ライトを敷いてみた。

 




シェアしてね!

ABOUT US

MIMOGY
働くオトナの心に寄り添うシンガーソングライターMIMOGY-ミモギィ-。 大学卒業後就職と共に上京するも、会社員生活の中での激務やストレスでベッドから起き上がれなくなったのをきっかけに音楽の世界へ。 働き世代の実話から書き下ろす歌詞と芯のある歌声が特徴。 人生遊びきる楽しいオトナが増えたら良いなとブログも更新中。