白老の星野リゾート「界 ポロト」に泊まってみた!感想レポート。

界ポロト外観

北海道にはたくさんの温泉がありまして、札幌からの近場だけでも定山渓(札幌市内)や登別、洞爺湖など、マイナスイオン浴びたい!という方にはどこもおすすめできる場所です。

そんな中、2022年1月に星野リゾートの「界 ポロト」が白老にオープンしました。

星野リゾートが全国に展開する温泉旅館ブランド「界」の19施設目となる「界 ポロト」が、2022年1月14日、北海道・白老温泉にて開業します。
「界 ポロト」は、界ブランドにおける北海道初進出の施設です。コンセプトは「ポロト湖の懐にひたる、とんがり湯小屋の宿」。ポロト湖を敷地内に大胆に引き込んだつくりが特徴的で、全ての客室がポロト湖に面しているため、眼前には湖の広がりを感じることができます。コンセプトでは、ポロト湖との一体感を感じる様子を「懐にひたる」と表現しました。ポロト湖の懐にひたるような一体感を感じながら湯浴みがたのしめる宿です。

(出典)星野リゾートニュースリリース

美肌効果抜群のモール温泉、札幌から1時間くらいで行けるところで入れるのは良いなと思ったのと、星野リゾート自体ほとんど泊まったことがなかったので、外国人観光客が少ない今の時期に行ってみようじゃないかと…!

この記事では、実際に泊まってみた感想を写真付きでご紹介したいと思います。

温泉は体にも良いし、肌にも良いし、気分も安らぐので良いですよね。

界 ポロトまでのアクセス

白老駅

ポロトはJR白老駅から歩いて10分くらいのところにあります。

(住所)
北海道白老郡白老町若草町1-1018-94

アクセスはこちら(ポロト公式サイトに飛びます)

Google mapに沿ってほぼ真っ直ぐ進めばたどりつくので大丈夫です。

ちなみに少し行くと「熊出没注意」の看板もあります…こわ。

Shiraoi

どう注意すれば良いのかは、いつも疑問。

すぐ近くにはポロト湖周辺を散策できるウォーキングエリアもあるのですが、行った日は雨だったのでこの様子。ウォーキングに来ていたご夫婦が残念がっていました。

ポロト湖

何かが出てきそうですよね。
静かに退散しましたが、晴れた日ならきれいに見えそうです。

ポロトの外観やお部屋の様子

界ポロト外観

シンプルでおしゃれなこの入り口が目印です。
入っていくと、スタッフの方が館内までご案内してくれます。
星野リゾートのスタッフさんはやっぱり素敵です。ほかの温泉宿とは全然違っていて、ホスピタリティ溢れる接客でとても心地よかった。

北海道には温泉がたくさんあるのですが、温泉宿によってはスタッフがかなり雑だったり、いろいろまぁ気になるところがあるので、関東から来る人はびっくりすることもあると思います(わたしもUターンして改めてそのクオリティの低さに愕然とした)。

札幌その他エリアで接客&サービス三流の施設はとても残念だなと感じますが、ポロトはそういうことを一切感じさせない素敵な場所でしたよ~!

界シリーズは全国各地でご当地温泉を楽しめる宿として展開されているのですが、ご当地文化などを宿のコンセプトに取り入れているので、ポロトの場合はアイヌ文化をコンセプトに取り入れた館内になっていました。
地域らしさあふれる界の「ご当地部屋」、今回のお部屋はこんな感じです。
アイヌの人たちの囲炉裏を囲んで語り合う場面が想像できるかも?

ちなみに日が落ちた後に電気を消すとこんな雰囲気に。

窓からはポロト湖が一望できます。

落ち着いた湖を見ると、とても神聖な気分になる。

お部屋はリビングとベッドルームが分かれていました。

寝心地は最高でした。もちろん爆睡。

洗面所はこんな感じ。右下に写っている手ぬぐいはお持ち帰りOKだそう。
メルカリに出ているのをあとで見つけて、なんとも言えない気持ちになりましたが…。

お部屋までスタッフの方が案内してくれるのですが、お茶やおしぼりも出してくれます。

そのあとはしばしティータイムを。

館内では売店がありますが、界ブランドの商品しか置いていません。
よくある北海道温泉感覚で行くと高上がりに感じる方もいるかもしれないです。
イヨマンテはお部屋にあったのがおいしかったので、追加で購入しました!

そのあとティータイムからワインタイムになってしまいました。

年輪って名前が良いですね、函館ワイン。小さい。
まぁせっかくの旅ですから~!

そしてゆったりした後は、楽しみの温泉へ…!

 

温泉は正直全く物足りない

ポロトではモール温泉に入れるということで、温泉好きの自分としては楽しみにしていたのですが…

正直、温泉はがっかりでした。

というのも、温泉は2種類なのですが、一般日帰り客にも開放されている〇湯(まるのゆ)は銭湯レベルのただのお風呂なので、お風呂好きとしては楽しむポイントは特になかったです。

そして、△湯(さんかくのゆ)は露天風呂までつながったひとつのお風呂なのですが、女性用は高い植物の柵に囲まれているので、湖を見ながらお風呂に入ることができません!

露天風呂の意味!

男性用は湖一望できるそうです。

そして、サウナはありません。

湯上りにアイスキャンディやドリンクが無料提供されています。

ただしお湯は良かった。

お風呂が期待外れとは…!残念です。

コース料理はとっても楽しくおいしい

食事をして悟りましたが、ここはお風呂ではなくてご当地の独特雰囲気と食事を楽しむ場所なのかもしれないです!

夕朝両方食事つきのプランにしましたが、ひとつひとつの創作料理がとても楽しくておいしかったです。

これは朝食御膳。


アイヌ民族の相棒とも言える食べ物である鮭のつみれ鍋。

ちなみに夜も朝もごはんをおひつや土鍋で持ってきてくれるので、いつまでもおかわりしそうになった。

界 ポロトは一度行ってみて損なし

お風呂大好きだとがっかりする可能性がありますが、星野リゾートを気軽に楽しむという意味では一度行ってみるのは良いんじゃないでしょうか。

ご当地文化に触れるのはいろんな意味で教養も身につくし…!

あと、ホテル以外ほぼ自然や、民族共生象徴空間ウポポイくらいしかないので、すごく周りが静かです。

来ている人もそんなに騒がしい人はいなかったような。

ワーケーションでも日々のリフレッシュでも両方合っていると思います。

たった数日で気分を変えられるのは、国内旅行のメリットですよね。

星野リゾートは界シリーズはじめいろいろなホテルを展開しているので、ポロトに限らずいろいろめぐるのも楽しそうです。

気軽にふらっと旅に出て、英気を養いましょう~!

 

界 ポロト公式サイトはこちら




ABOUT US
MIMOGY
働くオトナの心に寄り添うシンガーソングライターMIMOGY-ミモギィ-。 大学卒業後就職と共に上京するも、会社員生活の中での激務やストレスでベッドから起き上がれなくなったのをきっかけに音楽の世界へ。 働き世代の実話から書き下ろす歌詞と芯のある歌声が特徴。 人生遊びきる楽しいオトナが増えたら良いなとブログも更新中。